Bankera(バンクエラ)は毎週配当がもらえる仮想通貨だった

私も持ってるバンクエラを調べてみたらメリット多くてびっくり!
この記事では
バンクエラの特徴、将来性、メリット・デメリットをご紹介します(*ꆤ.̫ꆤ*)

メリットのご紹介
  1. 毎週ETHで配当がもらえる(今後はNEMでも!?)
  2. 稼働しているプロジェクトが実益を上げている
  3. BNKトークンの値上がりが期待できる

バンクエラのメリット

配当がイーサリアムでもらえる

これは私のウォレットです。左がETHで右がBNKです。BNKを購入したので配当でETHをもらいました。

↓こちらがETHの配当履歴です。

時々マイナスになっているのは、配当されたETHとBNKトークンを交換したからです。

バンクエラはブロックチェーン時代の銀行になることを目指しています。銀行も預金をしておくと利息がつきますよね。

そんな感じなのか、

バンクエラを持っていると毎週利益配当がもらえます。

スペクトロコイン が実益を上げている

バンクエラの創業者の皆さんは、「スペクトロコイン」 というブランドを立ち上げて、すでに仮想通貨取引やe-wallet(電子マネー口座)、デビットカードの発行、並びに決済代行サービスの運営を始めています。

イメージとしてはバンクエラのプロジェクトの一部としてスペクトロコイン がある感じです。

そこで得た純利益の20%をバンクエラ保有者で山分けしています。

仮に保有者がバンクエラ全トークンの1%を所有しているとした場合、そ の保有者は全ての純取引利益分配額の1%を受け取るということになります。

現在はETH(イーサリアム)で配当されていますが、今後はNEM(ネム)で配当されるかもしれません。

なぜかというと、

アドバイザーがビッグネーム

バンクエラのアドバイザーにはNEM.io財団のロン・ウォンが、名を連ねています。


ホワイトペーパー:https://bankera.com/papers/Bankera_whitepaper_JA.pdf

そのほか欧州議会のメンバーも数名いらっしゃいますので、私には安心材料でした。

バンクエラは持っているだけで配当がもらえる不労所得銘柄です

BNKの値上がり見込み

今後、バンクエラで取引するときにBNKとのペアでコインを購入すると手数料無料になるようです。

参考
バイナンスのBNBと同様の使い方がされるようです。例えば、バイナンスでBNBトークンを購入し、そのBNBトークンでコインを購入すると手数料が0.1%になるのです。

バイナンスという取引所ではユーザーが増えると独自発行通貨であるBNB」が値上がりしました。同様にKCS(KuCoin Shares)でもKuCoinという独自発行通貨が値上がりしています。

バンクエラのBNKも同様の性質を持っていることから値上がりすると私は思っています(๑•̀ㅂ•́)و✧

ポイントは取引所が独自発行通貨が発行されているということですね

バンクエラの特徴

バンクエラは「ブロックチェーン時代のための銀行」になるという目標を掲げています。

実際に、ICO中の2018年1月25日にバヌアツの銀行を買収したと発表がありました。

着実に動き始めていますよね。

バンクエラは仮想通貨銀行プラットフォームとしての機能を持ちます。

今の銀行が普通に行なっている銀行業務、つまり日本円やアメリカドルで行っている業務…支払い、ローン・預金、投資の高品質の金融サービスを提供しようとしています。

またローンを受け取り、当座預金口座と普通預金口座の利息だけでなく低コストのETFに投資もです。

今の銀行業務でできることを仮想通貨でも実現する予定です。

現状、金融業界はたくさんの欠陥があると言われていて、技術的にも満足できるものではないのです。そこにバンクエラはここに目をつけました。

そして仮想通貨での銀行業務を展開する国や地域ごとに銀行ライセンスを取得して、複数の国や地域に分散させることによって一つの銀行が破綻してもリスク分散ができるようにと考えています。

ブロックチェーン技術を利用することによりクロスボーダー(国際間での)取引時にも低い為替レートでの取引を実現を目指しているそうです。

ブロックチェーン時代のデジタルバンク

これがコンセプトです。

既存の伝統的な金融サービスと革新的な銀行商品を提供することを目標にし、金融取引に必要なサービスを一箇所にまとめることを目指しています。

スペクトロコイン とは

上記ですでにスペクトロコイン が実益を上げているというのはお伝えしました。

プロスペクトコインとはバンクエラが作った取引所です。

ビットコインやNEMETHと様々な通貨で両替できます。法定通貨での両替でききます。

その種類の多さに驚きです。

法定通貨の取り扱いも豊富です。

なんとGOLD(金)も取引できます。

 

これら全てが相互に交換できる予定です。

これは世界中にどこにもない取引所になるのではないかととても期待しています。

即時に両替をすることでお手元の資金がすぐに利用可能です。

30種類以上の通貨をサポート

20種類以上の入出金方法をサポート。

実際に私はETHからBNKへ両替しましたが、瞬間的に両替できました。

その時はびっくりもせず、当然のごとくやっていたんですが。。。

よく考えると画期的です。

Chenngellyという通貨同士を交換できるサービスがあるのですが、そこで両替すると手数料5%ぐらい取られたし、時間はかかるし。。(できるだけ使わなくていいなら使いたくない)

バンクエラでの両替はストレスなしでした 

そしてバンクエラの最大の強みは、

もうすでにスペクトロコインが収益を上げているところです。実態の伴わないコインとは一線を画しています。

スペクトロコインの統計
・顧客数40万人以上、新規登録数毎日1400件以上。
・カード発行数6万3千枚以上。
・1日平均出来高58万EUR以上。
・50人以上の経営チーム。

ICOで集めたお金

これだけ壮大なプロジェクトをするためには相当な資金を集める必要があります。

バンクエラからの最終発表を取りまとめてくれているツイートです。なんと162億円も集めてしまいました。

配当はいつまで続くの?

バンクエラが完全に稼働されるまで、スペクトロコインとバンクエラ 両方を合わせた純取引利益の20%がトークン保有者に配分されます。

ロードマップを確認してみます。

ロードマップ

 

決済代行サービスの提供を2018年夏までに 開始します。同年秋までに銀行ライセンスまたはパートナーシップの申請書を提出 し、遅くとも2019年末までに銀行ライセンスの取得を目指します。2019年半ばま でに預金及び貸出業務を開始します。

そして、ついにバンクエラの始動です(๑•̀ㅂ•́)و✧

その時まで楽しみに待っています!

おすすめの取引所

Zaif
NEMが買える! マイナス手数料で積立もできちゃう! FXも可能!
bitflyer
LISKが買える! セキュリテイーで世界一! FXも可能!
bitbank
リップルが買える! 手数料無料!!顧客対応◎セキュリテイーもしっかり!!

Zaif

おすすめ!マイナス手数料で積立もできちゃう!FXも可能!

 


Zaifの公式サイトはこちら
Zaifのメリットデメリットはこちら

bitflyer

おすすめ!セキュリテイーで世界一!FXも可能!

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
bitfkyerの公式サイトはこちら
bitflyerのメリットデメリットはこちら

bitbank

おすすめ!手数料無料!!顧客対応◎セキュリテイーもしっかり!!

 


bitbankの公式サイトはこちら
bitbankのメリットデメリットはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です